KFI同窓会 ・その2・

前号の草美会終了後、デザイナー、パタンナーをしている2009年卒業生+αをキャッチ!。
突撃インタビューをしました
左:(株)ベベ『パタンナー』時山恵実さん 中央:(株)ドリーム『デザイナー』高岡真紀さん 右:(株)ロートレ・アモン『デザイナー』長田麻奈未さん
長田さんの同僚ロートレ・アモンのデザイナー左:加藤さん 右:西田さん
Q:KFI後輩達へMSGをお願いします。
 ではまず現在のお仕事に就いて良かったと思うのはどんな時ですか?
長田さん:自分のデザインした作品が売れていると報告を受けた時!
時山さん:デザイナーの思い通りのパターンをひけた時。あと子供大好きなので、撮影会などのイベントなどで子供に服を着せたりする瞬間、めっちゃ楽しいです。
高岡さん:ずばり!出張のチャンスの多さ。水着製作(丸井のRU、イオン、量販店などの水着はほとんどドリームが手掛けているそう)だからマイアミとかハワイとかも・・・。入社2年目から海外出張にどんどんださせてもらえます。
一同:うらやましすぎる?

Q:では専門学校時代にもっと勉強しておけば良かったと思うこと、在校生へのMSGは?
加藤さん:テキスタイル知識!素材の名前などわかっていても実際にこの素材を使うと何にプラスになるのかなどすぐにでてこない。
Q:ではKFI学生に今すべきことについてのアドバイスを。
時山さん:働きだすと海外旅行に行こうと思っても休みが高い時期と重なりなかなか行けないので今のうちに行っておきましょう。
長田さん:アパレルで働いていて専門学校時代の人脈がとても大切だということを感じています。つながりを大切にね?
全員:いまのうちに服以外の興味(趣味)も持って、沢山遊んでおきましょう♪

5人とも終始笑顔で、綺麗になったなぁと見とれてしまうくらい輝きのオーラがありました。
とまることのない今の仕事の話、自信を持って励んでいる様子が伝わってきました。
みんなに生まれ変わっても今の仕事する??って聞いたら、お互いを見合わせてにこりと「する!」と答えた先輩たちでした。

過去の記事