学科・コース

ファッションクリエーター学科〈3年制〉
アパレルテクニカルコース

服のラインの美しさはパタンナーの腕次第。
技術と感性を兼ね備えたプロに。

ファッションクリエーター学科 アパレルテクニカルコース

パターンメーキングの基礎から上級、応用を3年間で学びプロのパタンナーを目指します。

デザインどおりのカタチを作る立体裁断技術とデザイナーの描くイメージを表現できる感性、製図の正確さ、CAD、素材の理解、また人体の動きと緩みに対する認識、デザイナーと同じ目線で仕事を進めていくためのデザイン基礎や色彩(色彩検定対応)、服の製作テクニック、アパレル生産のプロセスやファッション市場の把握、パターンメーキング技術検定など知識と技術、感性を総合的に修得します。

カリキュラム

パターンメーキング(立体裁断)I・II・III
ドレーピングによるパターン作成技法
パターンメーキング(平面製図)I・II・III
平面製図によるパターン作成技法
パターンメーキング演習I・II(資格検定対応)
技術検定を目指し立体と平面を組み合わせたパターン技術の習得
パターン工学
パターンCAD技術の習得
パターン研究
多様なデザインとパターンの研究
衣服構成実習I・II・III
ファッションドローイングI
素材論
商品知識
西洋服装史
ファッションビジネス概論(資格検定対応)
ファッショントレンド研究
ファッションコーディネート論 
コンピューターグラフィック
特別講義・研修
ファッションショー制作
インターンシップ  ほか
  • 立体裁断

    立体裁断

    ボディを使った立体裁断は、フィット感や美しいライン作りに欠かせない技術。さまざまなパターン技術を実習授業で身につけます。

  • 平面製図

    平面製図

    デザイナーが描いたデザイン画にあわせて、型紙に製図するのが平面製図。パターンの基本となる技術のひとつです。

  • CAD

    CAD

    CADとは、コンピュータを使ってパターンを作製するソフトのこと。これからのパタンナーには必要不可欠な技術となっています。

  • パターンの修正

    パターンの修正

    立体パターンは、必要な条件を備えた各部をバランスよく保つ平面パターンへと修正作業を進めます。

学科・コース一覧に戻る