パリ留学生からの手紙

1

 

神戸ファッション専門学校の提携校であるパリクチュール組合学校に
ファッション留学中の村中僚介さん。
留学先からの手紙(一部抜粋)を紹介します。

 

 

 

**************************2012年9月

無事にパリに着きました。
こちらの様子をご報告しようと思いますのでよろしくお願いします。

**************************2012年10月 
ついに今週の月曜から授業がスタートしました。
ただ、まだ授業というよりは、この休みの間にしてきたスタージュの報告会という感じで、
クラスの皆が自分のスタージュについて、どんな事を体験したかプレゼンテーションをしています。

学校や街へ出ていくと沢山の発見や驚きがあって、毎日がとても充実しています。

**************************2012年12月

(ヨーロッパ研修中のKFI生達とパリで会った後)
先日は先生や、後輩たちと久しぶりに会えてとても嬉しかったです。

こちらに来てまだまともに観光が出来ていなかったのですが、
後輩たちと一緒にパリの街を歩き回る事で自分も観光を楽しむことが出来ました。

****************************2013年1月

ようやくひとつめの課題が終わったので、ご報告させて頂きます。

今、縫製実習でジャケットを作っていますが、衿、袖口、ベンツと細かく指導を受ける
ので、今までの自分の技術に加えて新しい発見があり、ためになる授業です。

他にも、アクセサリーやテキスタイル、服装史の授業などがありますが、
どれも日本とは少し違った授業スタイルで新しい経験ばかりです。

言葉の面ではとても大変ですが、何も分からない僕に先生やクラスのみんなは、
一つ一つとても丁寧に教えてくれます(フランス語で、ですが、、)。

過去の記事