就職

卒業生からのメッセージ

(株)ベイクルーズ/ショップスタッフ

おもてなしの心を持ちながら働いているなと感じる時、この仕事を選んで良かったなと思います。


須藤 啓安さん

エディフィスイエナアウトレットでショップスタッフとして働き始めました。

接客のほかストック整理などもしていて先輩に付いて商品の発注業務もしています。日々の業務で、ディスプレイの細かいところやバランスを工夫したり商品の置き方をちょこっと変えたりしたら上司から「いいね」と誉められ、そういう時にKFIで学んでおいて良かったと実感します。

接客はコーデを聞かれたり僕の冗談にのってくれたり、そういう何気ないお客様とのやりとりをする時、おもてなしの心を持ちながら働いているなと感じる時この仕事を選んで良かったなと思います。時間があればKFI同級生の勤め先ショップへ行きエールを送っています。

アシックス/商品開発

実際の仕事現場で役に立つ先生から教えてもらった「プロ目線」。


高橋 美晃さん

現在、オニツカタイガーの商品開発を任されています。デザイナーが出したデザインに対して、構造の検討・材料選定などを行った後にサンプルを発注。その間、ヨーロッパ・アメリカなど各国の販売会社との調整やコストの計算、アウトソールなどの図面作成を行うほか、生産国へ出向いてのサンプルチェック、生産に際しての問題点などの洗い出しなどを行っています。

KFIを卒業後、実際に靴に関わる仕事に就いた今、思い返すのはデザインの方法や靴の作り方だけではなく、現場で仕事をされている先生から聞いたお話。“商品としての靴”など、プロ目線の話を学生の時に聞けてよかったと思っています。

ポロラルフローレン(株)/ファッションアドバイザー

モノや服のパワーを実感してファッションアドバイザーに。


堀 修章さん

もともと僕は医療関係の学校に通っていたのですが、実習で患者さんと向き合う機会があって、その時にちょっとしたモノや服で気持ちが変わる、ということを実感したんです。それで、もともと服が好きだったのもあって、ファッションを学ぼうとKFIに。

KFIでは、アドバイザー志望だったのでやっぱりコーディネートの授業が面白かったですね。先生がとても辛口で、パンツの裾を切られそうになっていた子もいましたよ(笑)。現在はポロラルフローレンでアドバイザーとして勤務。お客様やスタッフと、きっちりと向き合えるアドバイザーを目指して頑張りたいと思います。

(有)さんび/ファッションアドバイザー

顧客様を作る、ミスをしない、何事も進んでする、売上に貢献することが日々の目標です。


稲川 莉紗さん

販売員として接客はもちろん、店内の掃除、ストックの整理・管理、伝票・在庫・売上入力などのパソコン作業など様々な業務があります。

KFI時代、共に過ごした仲間や先輩達のお洒落な着こなし、色の組み合わせ方、バランスが、現在お客様にコーディネートのアドバイスをする際に役にたっています。素材の知識もこんなに役に立つんだ、と日々の業務で実感しています。

お客様がたとえ購入されなくても良い気分で帰っていただけるような接客ができるよう心がけています。
今後の目標は、顧客様を作ること、東京の展示会に行くことです!!

(株)ロートレ・アモン/ロートレ・アモンブランド デザイナー

同じことが好きな人があれだけ集まるのは学校だけだと思うので、これからも大切にしていきたいです。


長田 麻奈美さん

アイテム別に担当を任されるので責任重大ですが、トレンドチェックやプレゼンテーションなどすべてを自分でイチから手掛けることができます。服以外にも靴、バッグ、ストール、ネックレス、ベルトなどといった小物をトータルコーディネートでデザインできるのも、大きなやりがいの1つです。

KFI時代、私は自分の世界観を表現するのが好きで、コンテストによく応募していました。服を作るのも、デザイン画を描くのも好きだったので、課題も楽しくできました。友達と刺激し合える環境で、今考えると本当に人に恵まれていたと思います。KFIでつながった友達や先生との関係は今も変わらないし、同じことが好きな人があれだけ集まるのは学校だけだと思うので、これからも大切にしていきたいです。

A.O accessories/雑貨ブランドオーナー

美容界の雑誌でモデルがA.Oの商品を着用したり、ブライダルのオーダーメイドがあったりと仕事が広がっています。


大下 あゆみさん

ビニール素材でお花のアクセサリーを作り、企画から製作、販売、広報活動まですべて自分で手がけています。商品はネットで販売したり、ショップに置いてもらっています。

KFI卒業後は 株式会社ワールドストアパートナーズに就職しましたが、学校時代に身につけた縫製やパターン、染色の知識を販売に生かしながら、もの作りをしたい気持ちも持ち続けていました。

独立のきっかけは、神戸市が支援するクリエーター育成プロジェクト「draft!」に入選し企業とコラボできたこととカフェで個展を開いたりしているのを知る周りの人達が後押ししてくれたことです。ネット販売はお客様とダイレクトにつながれるので細かなオーダーにも答えたいし、美容界の雑誌でモデルがA.Oの商品を着用したり、ブライダルのオーダーメイドがあったりと仕事が広がっています。

(株)ビッキー/パタンナー

パターンは時間に追われる仕事なのでパニックにならないよう常に冷静を心がけています。


丸子 真央さん

パターンは線が1ミリずれるだけでも服の形が変わってしまうような繊細な仕事です。KFIに入学したときは実はパターンが苦手で「絶対パタンナーにはならない」と思っていたほどでした。ただ、これでパターンを好きになれれば自分が成長できるような気がして、難しいのを承知でパターン中心のコースに進みました。わかってくると面白くて卒業の頃には一番好きな工程になっていました。

パターンは時間に追われる仕事なのでパニックにならないよう常に冷静を心がけています。何事も頭から否定しないのがモットーで、例えば仕事のやり方で自分が良いと思うのとは違う指示が出ても一度はその通りやってみる。そして結果がよければ素直に受け入れるようにしています。

(有)カシマ工芸/ディスプレイスタッフ

さまざまな年齢層やどんなテイストの服に対しても自信をもって提案できるようスキルアップを目指しています。


渡辺 未菜さん

そごう西神店で勤務しています。シーズン毎の装飾物の作成や各売り場のVP、物品管理などが主な仕事です。学生時代にアクセサリーとファッショングッズのショップでアルバイトをしていましたが、KFIでディスプレイの勉強をしているということで、店内を任されていました。そのとき、お客様が私のディスプレイを見て足を止めてくださることに喜びを感じ、やりがいのある仕事だと思ったのがきっかけでした。

普段から他のショップを意識して見ることで最新の情報をつかみ、提案ができるように心がけています。さまざまな年齢層やどんなテイストの服に対しても自信をもって提案できるようスキルアップを目指しています。

(株)レスプラスデザイン/


加藤 良子さんと
パートナーの井下田 成司さん

神戸ファッション専門学校アパレルデザインコースを、2001年卒業後、サンディカ・パリクチュール校に留学・編入し2002年卒業。その後、「Yves Saint Laurent」のデザインチームを経て、帰国後「ISSEY MIYAKE FETE」勤務。のち渡仏。三宅デザイン事務所「A-POC」で勤務していた井下田成司(いげたせいじ)と2008年、株式会社LESS PLUS DESIGN(レスプラスデザイン)設立。LEP LUSS(レプ・ラス)を立ち上げる。
09年春夏、JFWでデビュー。

大人の女性に向けて、一つ一つ意味のある丁寧なもの作りをしています。アイディアを考えることが好きな私は、ロゴマークやショーの構成、コンセプトなどを考える色々な仕事が増え、面白さを感じます。これからはLEP LUSSをより追及し、デザイナーの可能性を広げていければと思います。

(株)サンエーインターナショナル/ファッションアドバイザー

お客様一人一人に似合うコーディネートを考えるよう常に心掛けています。


田代 真弓さん

幼い頃からファッションに興味を持ち、人と接する事も好きだったので販売員になりたいと思い、(株)サンエーインターナショナルに就職し、今はVIVIENNE TAMで働いています。

VIVIENNE TAMはデザイン、柄、素材にすごくこだわって洋服を作っているので、接客する際にお客様に素材の特徴やアフターケアの仕方を聞かれたり、お伝えする時に授業で習った素材の勉強はとても役に立っています。

個性が強いブランドなのでお客様一人一人に似合うコーディネートを考えるよう常に心掛けています。

(株)ラピーヌ/パタンナー


長谷川 亜紀さん

株式会社ラピーヌはパターンに力を入れている会社なので、働きながらもっとパターン技術を磨くことができると期待して入社しました。私は描くことが得意ではないので、自己表現の方法としてパターンを極めたいと思ったのです。

自分で組み上げてゆくパターンメーキングが達成感があって好きですが、新人の今は“ラピーヌルージュ”でコンピュータのファイルに保存されているパターンを取り出すことから始まって仕事を覚えています。

イグルス(株)/デザイナー

これからも着ていて幸せな気持ちになるような服を作り続け多くの人に着ていただくのが私の夢。


金志 匡子さん

今、イグルス株式会社で商品企画とともに年4回の展示会に向けて、カットソーのデザインをはじめ、靴やベルトなどのファッション雑貨のデザインも担当しています。短大のときに幼児教育を専攻し、保育に携わる仕事を考えていたのですが、教育実習のときに子供たちの服の機能や素材について考え始め、「じゃ、自分で服作りにチャレンジしてみよう」と思ったのが今の仕事へのきっかけでした。

これからも着ていて幸せな気持ちになるような服を作り続け多くの人に着ていただくのが私の夢。ずっとこの仕事に携われたらいいなと思っています。

セレクトショップpeupdiver(ププリエ)/ショップ経営

研修旅行でヨーロッパに行ったことがかなり今の自分に影響を与えています。


西村 修一さん

アパレル業界に興味を持ったのは高校のときで、自分はデザインを描く才能はないと思ったのでバイヤーになりたいと考えました。その仕事なら自分を最大限に表現できると思ったのです。2、3か月に1度はヨーロッパに行き、商品の買い付けをします。現地で新しいクリエーターを探すことが最近の一番楽しい仕事で、そのクリエーターと一緒に商品を作ることもあります。特にフランスに注目しており、シンプルな中で小さな変化を表現できる商品を探します。

心掛けているのは楽しく仕事をすること。しんどい仕事でも“つらいなぁ”“いやだなぁ”とは考えず、いつも目標と遊び心を持ってこなすようにしています。学生時代を思い起こすと、ただ自分のしたいことをしていただけ。楽しく過しましたがもう少し勉強していればよかったとも思います。研修旅行でヨーロッパに行ったことがかなり今の自分に影響を与えています。

株式会社 A-NET TSUMORI CHISATO/ファッションアドバイザー

大好きな服に囲まれて、お客様とコミュニケーションをとりながらコーディネートすることが好きなのでとても仕事が楽しいです。


村上 麻衣子さん

学生の頃からずっと憧れていた「TSUMORI CHISATO」で販売員をしています。デザインやオリジナルテキスタイルが特徴的で、着ているだけでHAPPYにさせてくれるブランドです。入社して半年、個性があり魅力的な先輩方の指導を受け接客もスムーズにできるようになりました。大好きな服に囲まれて、お客様とコミュニケーションをとりながらコーディネートすることが好きなのでとても仕事が楽しいです。

今では私に接客してもらいたいと思ってくださる方々、顧客と呼べるお客様も少しずつではありますが出来てきました。毎日、今日はこの商品をお勧めしよう!ご試着のときはあのブーツと合わせてお勧めしよう!と、今何を望んでいらっしゃるのか相手立場になって先のことを考え、行動に移すよう心がけています。今後の目標は1人でも多くの方に「TSUMORI CHISATO」を知っていただけるよう、明るいお店を作っていきたいと思っています。

UOMYSEA/デザイナー

後輩の皆さん、やりたいことはやるべきです。


CHAMIさん

小さい頃から絵画、粘土、イラストなど創作することが好きでしたが、服だけが続いています。今はデザイン、パターン、縫製まですべて自分でやり、大阪と香川のショップで委託販売をしています。年に一度ショーを行ない、ショップのショーにも参加します。ブランド名通り、「勇往邁進」を服で表現しながら、勇んで我が道を進んでいます。

神戸にUOMYSEAのショップを出して神戸のファッションライフを盛り上げていきたいと思っています。後輩の皆さん、やりたいことはやるべきです。

(株)日興テキスタイル/テキスタイル企画

今思う事は、服をデザインするのであれば素材を知っておくことが大切だということ。


高田 知依さん

私は今、ウール産地にあるテキスタイル会社で仕事をしています。私の仕事内容は、ひとつはアパレルからのスワッチや資料にそっての生地作り、もうひとつは流行しそうな素材を糸から作ってアパレル企業へ提案します。糸の性質、組織や特徴、生地の混率の計算など覚えることが一杯ですが、ウールを扱ってウールのイメージが変わりました。原毛から織りまで自社で行ないますが、ウールは生地になるまでに時間がかかり糸や生地の大切さがよくわかります。

今思う事は、服をデザインするのであれば素材を知っておくことが大切だということ。そこから新しい発想が生まれ、他とは違った商品が作れると思います。私もしっかり勉強して良い生地が作れるようになりたいと思っています。

(株)ヒューマン・リソース・マネジメント/ファッションアドバイザー


難波 純子さん

会社は、レディス、メンズのブティックを始め犬グッズのショップ、レストランなどを経営しています。私は犬グッズの店「プ-チ・アンド・アルド」で販売をしています。

もともと絵を描くことや雑貨が好きでKFIに入ったのですが、この店を紹介されて見にきたとき、犬関連の小物がとても可愛くて、店もステキだったので「ここで働きたい」と思いました。社長もKFIのOBなので安心感もありますね。

(株)カイタックインターナショナル/デザイナー

この粘り強い精神は学生時代に培われたかも知れません。


吉田 夕紀子さん

今、ボーイズキッズのデザイナーをしています。専門学校で学んだことは物作りの基礎。会社によってデザイン画やパターンの作り方は違っても物作りの工程は同じです。この仕事をしていて一番嬉しく思うのは、自分がデザインした服を子供が着ているのを街で見るときです。その服を企画した時のことなどを思い出します。

今まで仕事を続けてこられたのは、
(1)服(ファッション)が好き
好きだから努力も出来るし向上心も湧いてくるのではないでしょうか?

(2)チームワーク
仕事量が多かったり問題が起きたとき、廻りの人から助けられます。日頃からいろんな人とコミュニケーションをとっていれば情報も得られます。これは学生時代にもコンテストやショーで友達や先生方と行なっていたと思います。

(3)粘り強さでしょうか?
1つの商品を企画して出来上がるまで、何度も試行錯誤を重ね時間をかけます。途中で投げ出すわけにはいきません。この粘り強い精神は学生時代に培われたかも知れません。

株式会社さえら/パタンナー

好きでやっている仕事だからこそ、いつまでも楽しむ心を大切にしながらパタンナーとして成長したいと思っています。


池田 紀子さん

「HISCHRONE」というブランドのパターンを担当しています。パターンに興味を持ったのはKFIに入学してからでした。もともとデザイン画を描くのは苦手でした。しかしパターンは絵が苦手な私でも服をデザインすることが出来る。また、平面から立体を創り出していくというところに興味を持ちこの仕事を選びました。デザイナーが描いたデザイン画をもとにパターンを起こし、トワル組み、縫製仕様書作成までが主な仕事です。デザイナーのイメージしたラインや型を正確に表現しつつも、着心地、素材などに対して考慮しながらパターンを作ります。幅広い知識を必要とし難しさもありますが、イメージどおりのものが出来たときは嬉しいです。パタンナーの仕事にやりがいを感じるときです。

私が今担当しているブランドでは繊細な生地やレースを多く使用するため分からないことも多く、先輩に教えてもらっていますが、ひとつでも多くのことを吸収してより良いパターンを起こせるよう頑張ってやっていきたいと思っています。好きでやっている仕事だからこそ、いつまでも楽しむ心を大切にしながらパタンナーとして成長したいと思っています。

(株)あとりえ岡田/シューズ企画

靴をトータルにプロデュースする力を身につけたいと思っています。


押川 将行さん

デザイナーの描いたデザイン画をもとにCADを使ってパターンを起こすのが主な仕事ですが、さらに中国にある工場に制作依頼するための仕様書つくりから出来上がり製品の点検までトータルに関わっています。今の会社は履き心地を重視するコンフォートシューズ中心のメーカーなので、靴の木型も自社で作っています。

これからは、今はまだ手をつけていない仕事、たとえば職人的な技術が必要な木型作りやデザインなどにも関わり、靴をトータルにプロデュースする力を身につけたいと思っています。

 

就職トップへ戻る